美容系を中心とした女性向け情報サイト

Otome no Kobako(乙女の小箱)

Body デリケートゾーン

ANOCOI(アノコイ)でデリケートゾーンケア!生クリームパックのオールインワン効果とは?

更新日:

こんにちは、macaron(@otomenokobako)です(◍•ᴗ•◍)

あなたはデリケートゾーンを「なに」を使って洗っていますか?
専用の石鹸?ソープ?
それともボディと同じ洗浄料で洗ってる?

実は私、最近全身脱毛を始めようとしており、(その話はまたどこかで)
よりデリケートゾーンケアについて敏感になり始めている今日この頃。

デリケートゾーンの洗浄は専用の固形石鹸を使用して洗っていたのですが、
パックがしづらい・泡立てが面倒・枠練りなので溶けやすい。
ということで、ちょっと新しいものに変えてみようかなーと調べていたところ...

ANOCOIなるデリケートゾーン洗浄アイテムを発見!
洗浄・パックができて、石鹸とソープのいいとこ取り?
一体どんなアイテムなのか、詳しく見ていきましょう!

ANOCOI(アノコイ)は枠練り石鹸と液体ソープの中間石鹸


クリームソープと聞いただけでなんだか「イイ感じ」な予感がしますね♪
ANOCOI(アノコイ)は、固形でも液体でもないクリームタイプの中間石鹸です。
枠練り石鹸と液体ソープ、そしてANOCOI(アノコイ)を比較してみると以下のようになります。

枠練り石鹸 液体ソープ アノコイ
洗浄力 ×
保湿力 ×
特徴 洗浄力はあるが、美容成分は少ない。そのため乾燥しやすく肌トラブルを招くことも。 保湿には優れているが、石鹸成分が肌に残りやすく、それが肌トラブルを招くことも。 洗浄・保湿力共に優れており、石鹸成分も残らず、美容成分も豊富。

このようにANOCOI(アノコイ)は洗浄力・保湿力共に優れた隙のない石鹸となっているのです!
では具体的にANOCOI(アノコイ)の特徴について迫っていきましょう!

ANOCOI(アノコイ)の3つの特徴

①8つのケアに効く!ANOCOI(アノコイ)の美容成分

ANOCOI(アノコイ)には30種類の美容成分が含まれています。
その美容成分が黒ずみや臭いケア以外にも様々な効果をもたらしてくれます!
主要な成分は以下のようになっています。
黒ずみや臭い以外にも効く!ANOCOI(アノコイ)はまさにオールインワン石鹸なのです!

1.臭いケアに効く!

  • 柿タンニン
  • 茶葉エキス
  • ミョウバン

消臭・抗菌効果があり、臭いの元にはたらきかけてくれます。
臭いの元を分解し、1日中臭わない身体へ!

2.黒ずみケアに効く!

  • ヨクイニンエキス
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン

メラニン色素の生成を抑え、黒ずみの肌を美白へと導きます。

3.ムダ毛ケアに効く!

  • 豆乳
  • 大豆
  • パイナップル
  • チオグリコール

黒ずみをケアしながらムダ毛を生えにくくさせ、目立たないようにしていきます。

4.乾燥肌に効く!

  • ビワ
  • ユズ
  • ハトムギ
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

保湿・潤い効果が高く、肌のキメを整えて肌荒れや乾燥を防いでくれます

5.肌の引き締めに効く!

  • ローズマリー

抗菌・抗酸化作用があり、肌を引き締め血行も良くしてくれます

6.フェロモンに効く!

  • イランイラン

媚薬効果があることで有名ですが、抗菌効果や皮脂・ホルモンのバランスを整えてくれる効果もあるんです!

7.かゆみに効く!

  • カミツレ
  • セージ

抗菌作用の他、アレルギー炎症の抑制・美白効果・血行促進等々、お肌に嬉しい効果がたくさん!

8.美容に効く!

  • ミント
  • スクワラン
  • 甘草

抗炎症作用、抗アレルギー作用に加え、肌の水分と油分のバランスを整え、バリア機能を強化し乾燥を防いでくれます

②8種類のボタニカルオイルで清潔な肌へ!


美容面で嬉しい効果を多くもたらしてくれるボタニカルオイル。
ANOCOI(アノコイ)には8種類ものボタニカルオイルが配合されています!
どんなものが入っているのか見てみましょう!

  • アルガンオイル
  • ビタミンEがとっても豊富。高い抗酸化作用がありエイジングケアにも優れています

  • ヴァージンココナッツオイル
  • 皮膚を柔らかくし、古い角質を取りやすくします。黒ずみケアに効果が期待できます。

  • ティーツリーオイル
  • 抗菌・雑菌効果が高く、臭いだけではなくニキビケアにも効果が期待できます。

  • ユーカリオイル
  • こちらも抗菌・雑菌効果が高く、肌のかゆみや臭いを抑えてくれます

  • ホホバオイル
  • 皮脂バランスを整え、肌にハリ・ツヤを与えてくれます

  • 椿オイル
  • 余分な角質を除去し、ターンオーバーを整えてくれます

  • シアバター
  • 高い保湿力だけではなく、汚れを浮かせるクレンジング力も優れています

  • オリーブオイル
  • 保湿効果に加え、肌のハリと弾力を保ち、アンチエイジングにも効果があります。

③ANOCOI(アノコイ)は泡立て不要!パックがしやすいクリーム石鹸


ANOCOI(アノコイ)は、石鹸や液体ソープと違い、面倒な泡立てが不要です!
洗浄力がとても優れているANOCOI(アノコイ)は、こすらなくても汚れを浮かせることができますが、黒ずみケアなどより集中的に行いたい場合は、パックが効果的!
クリーム石鹸は泡立てる必要がないので、パックの時に泡が落ちてきて全然パックできない!
なんてことでイライラしなくてもだいじょうぶ!
快適にデリケートゾーンをケア出来ること間違いなし!

ANOCOI(アノコイ)はアレルギー持ちの人は使用注意!


ANOCOI(アノコイ)は妊娠中や産後授乳中の人でも使えることができますが、こうして含まれている成分を見てみると、植物性の成分が多く含まれていることがわかります。
植物・食べ物のアレルギーを持っている方、またはアレルギーを引き起こしたことがある方は、事前に問題がないか確認しておきましょう!
ちなみにANOCOI(アノコイ)の全成分は以下のようになっています。

水、PEG-8、BG、ミリスチン酸、
ステアリン酸PEG-150、パルミチン酸、ステアリン酸、
PEG-20ソルビタンココエート、ジステアリン酸PEG-150、
水酸化K、ラウリン酸、カキタンニン、カミツレ花エキス、
セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、
ビワ葉エキス、ユズ果実エキス、ヨクイニンエキス、チャ葉エキス、
豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ハトムギ種子エキス、ヒアルロン酸Na、
加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、アルブチン、アルムK、
イランイラン花油、パイナップル果実エキス、チオグリコール酸Ca、
スクワラン、アスコルビルリン酸Na、アルガニアスピノサ核油、ヤシ油、
ティーツリー葉油、ユーカリ油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、
シア脂、オリーブ果実油、香料、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、
パーム核脂肪酸アミドDEA、プロピルパラベン、メチルパラベン、
エチドロン酸4Na、粘土、モンモリロナイト、カオリン、マイカ

こうしてみると、豆乳が含まれているので、大豆アレルギーの方は注意が必要そうです。

ANOCOI(アノコイ)の使い方教えて!

ANOCOI(アノコイ)は出来立ての石鹸を鮮度を損なわないよう、パウチ型の容器に詰めて提供しています。
最初はなかなか調整が難しそうですが、ここでは基本的な使い方やパックの仕方を見ていきましょう!

ANOCOI(アノコイ)が使用できる部位

ANOCOI(アノコイ)は、デリケートゾーン以外にも、ワキ、バストトップ、肘、膝、背中、デコルテ等身体全体に使用することができます。
個人的には顔にも使用出来たらいいなーと思っていたのですが、顔もOK!とは書いてないんですよね(笑)。
気になって販売元に問い合わせてみましたら、

当商品は顔にもご使用いただける石けんとなっておりますが、
お肌に異常がある、またはお肌に合わないと感じられた場合には
ご使用を中止いただくようおすすめしております。

だそうです。ということは、顔を含めた全身に使用できるということですね!
顔の肌荒れや美白にも一役買ってくれそうです!

ちなみに、以下のような質問もしてみました!

デリケートゾーンに使用する際は、膣内に入らなければ大丈夫?
万が一膣内に入った場合はすぐに洗い流した方がよいでしょうか?

基本的には洗浄剤ですので、デリケートな部位にご使用頂く際にも
しっかり洗い流して頂ければご使用に問題ありません。
洗い残しがないように、お湯やぬるま湯などで泡を流してください。

だそうです!

ANOCOI(アノコイ)の基本的な使い方3ステップ

以下はデリケートゾーンに使用する場合の目安です。

  • ①適量(2~3cm程)を手に取る
  • ②デリケートゾーンにパックするように馴染ませる
  • ③優しく洗い流して完了!

黒ずみケアを集中して行いたい!という方は、②の手順後、洗い流さずに3~5分間程そのままパックしましょう!
パックしている間は身体を洗ったりしていれば、効率よくバスタイムを過ごせそうですね。

量が足りないなと感じたら石鹸を足してみたり、伸びが少し悪いなと感じたら少量のお湯を馴染ませてあげるといいそうですよ!
少し粘り気のあるクリーム石鹸なので、洗い流す際は洗い残しがないようチェックしましょう!

ANOCOI(アノコイ)の口コミ


以下のリンクから各口コミサイトへジャンプします。
ぜひ参考にしてみてください。

悪い口コミの中に肌に合わなかったという方がぽつぽつといらっしゃいましたね。
女性のデリケートゾーンのpH値は一般的に3~5.5の弱酸性といわれています。
販売元に問い合わせてみたところ、ANOCOI(アノコイ)のpH値は9~11の弱アルカリ性で製造されているそうです。

そのため弱酸性と比べると少し刺激の強いANOCOI(アノコイ)が肌に合わない方もいらっしゃるのかなと。
ANOCOI(アノコイ)のpH値が高いのは黒ずみや臭いケアにしっかりとアプローチするためなんです!
万が一肌に合わない場合は使用を中止しましょう。

また、容量の割に値段が高いことがネックに感じている方も多かったです。
デリケートゾーンをしっかりケアできる成分を厳選してこだわったゆえのお値段なんでしょうね。

しかし、ANOCOI(アノコイ)使用者の全体的な口コミを見てみると、
黒ずみ・臭いに効果を感じている方がとても多かったです。
バニラの香りも好印象でした。

黒ずみケアより効率的に行いたい方は、お風呂上りに専用の美白クリームを塗る習慣をつけましょう!

”あわせて読みたい”
イビサクリームはVIOと乳首の黒ずみに効果アリ?!4ヶ月試した結果は?

続きを見る

公式サイトでお得にANOCOI(アノコイ)をゲットしよう!

ANOCOI(アノコイ)は、他のデリケートゾーン石鹸にはない、オールインワンのケア効果に生クリーム石鹸といった魅力がたくさん!
しかも抑毛効果もあるデリケートゾーン石鹸なんて他にないのでは?!

あなたもANOCOI(アノコイ)生クリームパックで、スキのないデリケートゾーンを手に入れましょう!

ANOCOI(アノコイ)の詳細はコチラ!

-Body, デリケートゾーン
-, , ,

Copyright© Otome no Kobako(乙女の小箱) , 2019 All Rights Reserved.